札幌・小樽の中小企業に密着し、人が輝く職場づくりを応援します。行動分析学マネジメントをベースに、ホテルオークラ東京での最年少課長経験を活かした管理職向け「育てる技術」研修・組織コンサルティング・経営層コーチングを展開中。本サイトでは、なかなか成果の表れない8割のメンバーを成長させ、離職率を3分の1に下げた取り組みを、公開ブログや無料レポート等でお伝えしています。

無料メールマガジンのご登録/無料レポートのお申込み

  • HOME »
  • »
  • 無料メールマガジンのご登録/無料レポートのお申込み

1日1分のご購読で上司としての気づきが得られたと大変好評です。

「部下育成の秘訣を伝える」この無料ショートメルマガを是非お見逃しなく。
ご登録いただいた方全員に、もれなく無料レポートをプレゼントしています!

ご購読は無料、ご購読の解除もごくごく簡単です。
もしもご不用になりましたら、毎回お送りするメール末尾に記載している「購読解除」リンクをクリックしてください。

 

メールマガジン読者さまの声(全体のほんの一部です)

  • 「前回のメルマガを読んだ時も思ったのですが、こんないい上司、本当に世の中にいるのでしょうか?」
  • 「これ、私もやってます。子育ての時に。」
  • 「きっかけづくりの『ため』になる。感覚的には日経新聞の一面の左下(春秋)」
  • 「毎朝のメルマガ楽しみにしてます。うんうんとうなづきながら読んでます。」
  • 「メルマガの長さがちょうどいいです。」
  • 「このメルマガを読んで勇気づけられました。」
  • 「外国人の部下をマネジメントする方法についても書いていただけませんか。」
  • 「嫌な上司のメールアドレスを勝手に登録しちゃいたい!」
  • 「今週末の気になる小樽スポットが好きです。笑」
  • 「明快、とても解りやすい。」
  • 「言葉の表現に優しさがあり、温和で知的な人柄がとても良く伝わってくる。」
  • 「説得力があり、素直に受け入れられる表現法である。(一般的にセミナーやコーチングというのは当たり前の事を言っているだけで現場や人の心とは少しかけ離れた所にあって、絵に描いた餅の様に思う事もあり、解っちゃいるけど・・・ それが出来てりゃ誰も苦労しないって!と思いがちですが、小室さんのメールから伝ってくるのは人の温度)
  • 「メルマガ、面白いです。特に部下を褒める仕組の部分が目からウロコという感じです。できたらバックナンバーを読みたいのですが、送ってもらえませんか?」
  • 「先週のいい会議ダメな会議、勉強になりました。私も常日頃、支社のミーティングが時間の無駄に感じていましたが、何がダメなのか整理できました。メールで纏めて流せば共有できることの報告のみで、今後の目標に向かって何をすべきかの共有が全くなく、意見も誰も言わないミーティングだからかぁと思いました。私もいろいろダメだと感じたら動くべきなんでしょうけど、角が立つ言い方しかできず、だんだん面倒になってきて、どんどんいい加減になってきていることを反省する機会になりました。」

無料メールマガジンご購読特典

  1. ご登録いただいた方全員に、もれなく無料レポートをプレゼントいたします!
  2. お役立ち教育ツールの効果的な使い方生の成功事例・失敗事例などのご紹介を通じて、あなたの指導力を飛躍させます。
  3. ほかにも、あなたの時間を奪っているムダな仕事の止め方、経営陣を納得させるプレゼンテーション、正しい採用選考、会議やプロジェクトの進め方、生産性を高める経費の使い方など、管理職に必要な様々なテーマにも触れられます。

本サイトで限定公開している無料レポートをプレゼントします。

メールアドレスをご登録いただくだけで、無料レポート『こうして教えたら、なかなか仕事を覚えられなかった部下が2週間で変わった』をお読みいただけます。
メールマガジンご登録後に、限定公開URLとパスワードを記載した自動返信メールをお送りいたします。
(※)メールマガジンは不要という方は、初回の配信メール受信後、メッセージ末尾に記載されている購読解除リンクよりお手続きください。

メールマガジン サンプル 1: 指示したはずなのにできない部下を動かすには・・・

「知らないのか、できないのか、やらないのか、三つの原因を潰す」

指示しただけで、全ての部下が完璧に動けるはずはない。
動けない原因によって適切な対応は異なる。

  1. やり方を知らない場合 → 作業手順とその意味を、こと細かに教える。
  2. 頭では理解しているが、技術が伴わない場合 → 反復練習させる。
  3. できるがやらない場合 → 正しい行動をとったら、すかさず褒める。

メールマガジン サンプル 2: 報連相を徹底させる基本中の基本策

「挨拶の仕方ひとつで、話しかけられやすい上司になれる」

《よくある冴えない一日のはじまり》
部下: おはようございます。
上司: (パソコンを操作しながら顔も上げずに)・・・おはよう。

《気持ちのいい朝のやりとり》
上司: (自分から部下のもとへ寄って)小室君、おはよう!
部下: 阿部さん、おはようございます。

「挨拶への反応は薄いけど、仕事の相談には親身に乗ってくれるはず!」
などと、都合よく感じてくれる部下はいない。
日頃から反応の薄い上司への報連相は、自然と必要最低限以下になる。

部下から報連相をしてもらうために、あなたがまず初めにやるべきは、
「きちんと報告しろ!」「なぜ相談しない!」と怒鳴ることではなく、
部下の目を見て、名前を読んで、普段と変わった様子がないか確かめながら、
ただ心を通わせた挨拶をすることなのだ。

メールマガジン サンプル 3: 部下を育て、あなたへの信頼を高める面談

「部下との面談では、具体的な行動実績を認め、具体的な行動予定を決める」

《上司と部下の不毛な会話》
上司: 先月も売上予算を達成できなかったみたいだけど、どうして?
部下: すみません、今月は頑張ります。(実際には、何をどう頑張ればいいのかわかっていない)
上司: じゃあ今月こそは頑張って。それと一応、予算未達の理由を書いて私のデスクに上げておくように。

《部下のこれから取るべき行動がはっきりする会話》
上司: 先月は予定通り50件の新規開拓をしてくれたんだね。
部下: はい、既存顧客からの受注はイマイチでしたが、新規の訪問件数は目標達成しました。
上司: ありがとう。これからも続けてよろしく頼むよ。
部下: はい。(よし!今月も50件がんばるぞ)
上司: それと受注が伸び悩んでいる件だけど、お得意様にはどのくらいの頻度でコンタクトをとっているの?
部下: 平均して、2~3か月に1度訪問しています。
上司: じゃあ、Aランクの顧客に対しては、毎月1回、商品のご利用状況を伺うメールも送ってみてはどうだろう。
部下: いいかもしれません。今月から早速やってみます。

面談におけるあなたの役割はふたつ。

  • 部下の具体的な行動実績を挙げ、褒めること。
    (これからもぜひ続けてほしいというメッセージになる)
  • 部下の意見を聞きながら、今後の具体的な行動予定を一緒に決めること。

全てのバックナンバーをご覧になりたい方は、こちらからどうぞ。

http://tsunagu-concierge.jp/blog-top/

ご登録は今すぐに! 毎日少しづつ行動改善のヒントを得られます。

ご購読は無料、ご購読の解除もごくごく簡単です。
もしもご不用になりましたら、毎回お送りするメール末尾に記載している「購読解除」リンクをクリックしてください。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © つなぐ経営コンシェルジュ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.