「たまには、あきらめる」

誰にでも、こんな時がある。
「頭ではわかっているけれど、どうにもイライラして、自分を抑えられない・・・」

そんな時は、適当な理由をつけてサッサとその場を離れよう!
仕事は一旦横に置いて、即座の解決を積極的にあきらめる。

だって、あなたがそこに居続けたら、
部下や後輩の仕事がはかどらないし、あなたの心も疲れちゃうから。

外でお茶でも飲みながら、深呼吸をして、できるだけ心を落ち着かせるように努めながら、

  • 自分が見聞きした事実は、事実として、
  • コントロールできない頭の中のおしゃべりは、自然に湧いた感情や妄想として、

第三者になりきって、自分の頭の中をゆったり眺めてみるといい。

  • 自分が彼に声をかけた。彼は何も反応せず通り過ぎて行った。(=事実)
  • 自分は無視されたと感じた。日頃から仕事ぶりをバカにされているに違いないと憤っている。(=感情、邪推)

遠巻きにその様子を見ていた第三者なら、冷静にこう言ってくれると思うでしょ。
「へ~、でもそれって考えすぎじゃない?ただ通り過ぎただけだよ。気づかなかったのかもしれないし。」
「そんなに気になるなら、きちんと本人に確かめてみたら?」

もしくは、こんな風に。
「とりあえず放っておけばいいじゃん。もう少し落ち着いて様子見しなよ」