「年上の部下には、ただ感謝する」

部下への接し方は、相手が年上でも年下でも、基本は変わらない。
でも少しだけ頭に置いた方がいいのは、年長者に対する敬意をハッキリ示すということ。

たとえば、

「よくできてるじゃん。」
「きちんとやってくれてるね。」

こうした褒め言葉は、年下の後輩からは違和感なく受け入れてもらえたとしても、
相手が年長者であった場合には、「生意気な奴」と感じる人もいるかもしれない。

だから、こんな風に言い換えてみる。

「いつもありがとうございます。」
「私の気づかないところまでカバーしていただいて助かります。」

上からものを言うのではなくて、ただ感謝する。
そして敬語を使う。

それから、自分よりずっと知識も経験も豊富な部下からは、謙虚な姿勢でどんどん仕事を教えてもらおう。

「わからないので教えてください。」
「よく知りませんでした。そうやるんですね。」

こうして対話を重ねていけば、大抵の人は心を開き、打ち解けてくれる。

「上司」とか「課長」というのは、ただの役割。偉いわけでも何でもない。
あなたがそこを勘違いせずに素を出せば、職場には自然と連帯感が生まれるのだ。