「相槌、頷きのバリエーションを増やす」

【相槌あいうえお】

  • ああ、そうですか。
  • いいですね。
  • うん。うん。
  • ええ。
  • おー!

頷き方だって、小刻みに頷く、大きく頷く、顔を左右に振るなど、色々と工夫できる。

上手な相槌や頷きをすることで、
相手はあなたに「しっかり聞いてもらっている」と感じる。

そうすると、安心して本音を語れるようになる。
話しながら自分の頭の中が整理されたり、気づきを得られることもある。

部下や後輩との信頼関係を築くために、
あるいは自身のなすべき仕事を認識してもらうために、

ここぞという時に、相手が何を考えているのかじっくり聴く機会を作ることは、
上司としてすごく重要な事だと思いませんか?