「STARに照らして過去の行動事実を収集する」

過去の行動事実を集めれば、将来の行動予測が立つ。
人の行動は再現されるものだから。

  • Situation その人が置かれていた「状況」
  • Task その人が演じた「役割」
  • Action その人がとった「行動・言動」
  • Result その「結果」

この四点を押さえれば、突っ込み不足を避けられる。

【突っ込みが足りなくて、行動事実を集めきれていない例】

(応募者)大学のバスケットボール部で大きなモメ事が起きて、それを仲裁しました。

(面接官)それはどんなモメ事だったんですか?(状況の確認)

(応募者)部費の使い途について、意見が割れてしまったんです。

(面接官)誰と誰の間で意見が割れてしまったのですか?状況の確認)

(応募者)ある先輩と後輩の間です。

(面接官)それから?

(応募者)二人が口を利かなくなってしまったので、私が仲裁しました。(役割)

(面接官)なるほど。よくわかりました。

(面接官の頭の中・・・)この応募者は人間関係を修復するのに長けているのか。

でもこれは、事実の裏付けがない勝手な思い込み。(=行動と結果が未確認)
もしかすると、当事者間で解決の図られた場にたまたま居合わせただけかもしれないから。

STARを使って最後まで聞き取る事例は、また次回ご紹介します。