「部下の話を聞くことで、自分への信用を深める」

あなたは、部下や後輩と接する際も、「相手の話をよく聞く」というコミュニケーションの基本を意識されていますか?

仕事に関しては自分の方が経験もあり、指導的な立場にあるということになると、
誰でもついつい一方的な説明が多くなりがちです。
かく言う私もそうでした。

でも人は誰でも心のどこかで、「自分の話を聞いてほしい」と思っているもので、
自分の話を聞いてくれる相手に対して好感を抱きやすいという事実が確認されています。

「しつけ」のつもりが、行き過ぎた「おしつけ」にならないように、
たとえばこのような声掛けはいかがでしょうか?

『小室くん、おつかれさま。例の仕事、順調にいってる?』
『その仕事をうまく終えるために、何をしたらいいと思う?』

相手の言葉にじっくり耳を傾ける時間をつくることで、
あなたへの信用をより深められると思いませんか?

そして信用が深まれば、あなたのメッセージはより相手に伝わりやすくなります。