「仕事の意味を伝えながら、作業手順を学ばせる」

【平凡な指導ー飲料提供に使用するグラスを教える例】

  • ビールを注ぐのはこのグラス。
  • ワイングラスはあっち。
  • 炭酸の入ったカクテルはトール・グラス。

【意味も学ばせる指導】

  • ビールを注ぐのは、泡立ちを長く楽しめる背の高いこのグラス。
  • ワイングラスは、香りを逃がさないよう上部のすぼまったあっち。
  • 炭酸の入ったカクテルは、氷がたっぷり入って、ガスが抜けないようドリンクと空気が触れ合う表面積の小さいトール・グラス。

大人の記憶のメカニズムでは、次の順に定着が速く、長い。
「意味づけ>音韻(ゴロ合わせ等)>丸暗記」

仕事のできる部下は、意味と手順をセットで覚えることが習慣化しているので、
逆に部下の方から「なぜこうなんですか?別の方法ではいけないんですか?」と聞いてくる。

仕事の覚えがよくない時には、その部下が意味を理解しながら学んでいるか、こまめに確認しながら教えていこう。
「この仕事って、何のためにやっているの?」
「どうしてこれが先で、あれが後かわかる?」
「作業の意味を忘れちゃったら言って。いつでも教えるから」