「採用は過去を、教育は未来を見つめる。」

採用面接官はよく「未来」についてばかり問う。

「将来はどうなりたいの?」
「入社したら、どんな働き方をしたいかな?」

職場の上司は「過去」についてばかり問いがち。

「どうしてこんな事をしたんだ?」
「何度も言ってあったじゃないか」

でも本来は、逆。

「学生時代、一番熱心に取り組んだことについて教えてもらえますか?」

採用は、応募者の過去の行動事実を集めることで、将来の行動予測が立つ。

「次はどうしたら上手くいくと思う?」

教育は、未来の行動を変えるためにある。