「SMARTルールを意識する」

SMARTは以前にもご紹介させて頂きましたが、再度お伝えいたします。

  • S: Specific 具体的
  • M: Measurable 測定可能
  • A: Achievable 達成可能
  • R: Related 目的との合致
  • T: Time-bound 期限つき

たとえば、次のような目標はいかがでしょうか。
「人に喜ばれる仕事をする」

もちろん悪くはないのですが、いまいち漠然とした感がありませんか?
SMARTルールに則って書き換えた例を示します。

「来月末までに、札幌・小樽の中小企業で、日曜日の夜に「よし、また明日から仕事だ!
という風に、やりがいと夢いっぱいのビジネスマンを10人増やす。」

目標を実現したいのであれば、目標を「書く」
相手への感謝の気持ちを表したいのであれば、感謝の意を「書く」

まず何事も「書く」ことから始めてみると、意外と頭の中が整理されたり、
自分の中の深い思いに気づいたり、そんなキッカケが生まれるのも多いものです。

自分ひとりで5分だけ時間をとれば、あとは紙とペンがあれば実践できちゃうわけですから、
最初の小さな一歩には、うってつけの作業だな~と感じています。