「上手な人のマネをする」

おはようございます!
つなぐ経営コンシェルジュの小室です。

昨日は、小樽観光協会主催のおもてなし研修のお手伝いをしてきました。
土産物屋さん、お菓子屋さん、葬儀屋さん、ホテルマンなど、接客販売業の若いスタッフが多数ご参加されていました。
小樽の観光業・接客販売業に携わる方々をサポートする機会を持てて良かったです

さて、本日のテーマは「上手な人のマネをする」です。

私は、他の講師の研修に参加する際は、「これいいな」と思った部分はしっかりメモをして自分の研修にも取り入れさせて頂きます。
特に受講者参加型のグループワークなどは、自分一人ではなかなかリハーサルしづらいので、あらかじめ反応を確認できる機会はとても大切です。

ところであなたは、仕事に行き詰ったとき、あるいは自分をさらにレベルアップさせようと思ったとき、誰の行動を思い浮かべますか?

実際に「できる人」「上手な人」が取っている行動を観察したり、「あの人だったらどうするかな」と想像しながら自分の行動を変えていくことが、上達への近道となることも多いもの。
「うまくやっている人は、自分や他の人とは何(の行動)が違うんだろう」という目で、日頃から周囲にアンテナを立ててみてはいかがでしょうか。

ちなみにこのプロセスは、行動分析学で「行動分解」と呼ばれる基礎概念の応用です。