「フォアキャストとバックキャスト」

たとえば、散らかった勉強部屋を片付ける場合、次のような二通りのやり方があると思います。

  1. 目につく散らかっている部分から順に片付けていく。
  2. はじめに「本棚から漫画とアルバムを抜いて、勉強の手が止まらないようにする」とか、「計画表を机の前に貼り出して、いつでも見えるようにする」などと、ゴールを決めてから取り組む。

1.のやり方を「フォアキャスティング(Forecasting)」といいます。
現状を見て改善を重ねる方法です。
2.のやり方と比べると、より自然な発想法といえるかもしれません。

2.の方法では、将来のありたい姿を思い描いてから、そこに向かうには今何をすべきか考えていました。
こちらは、「バックキャスティング(Backcasting)」と呼ばれます。

  • 10年後には、こんな風になっていたい。
  • そのためには、8年後には〇〇の状態を作ればいい。
  • 6年後には、・・・。
  • 4年後には、・・・。
  • 2年後には、・・・。
  • 今やるべきことは、・・・。

こうして将来から現在に向かって遡って考えるから「バック」です。
こちらの方法は、意識してやろうとしないと、なかなか出づらい発想法かもしれません。

特に大きな、長い期間をかける取り組みの際には、将来の目的からブレずに活動を続けやすいというメリットがあります。
そして、課題の期限や進捗を意識しやすいということも言えます。

現状改善のフォアキャスティングと並行して、時にはバックキャスティングもやってみることで、現状にとらわれない新しい発想が生まれるかもしれません。
一度お試しされてはいかがですか。