「具体的な行動を取り上げて叱る」

【結構よく見かける残念な叱り方】

上司: まだ終わらないのか。君は本当に何をやらせても遅いね。もっとやる気を出せないの?

部下: すみません。できるだけ急いでやっているつもりなのですが・・・

上司: つもりじゃ困るから。結果出してね。

これでは、ただ上司の感情を部下にぶつけているだけ。
部下にとっては、何の役にも立たないどころか、人格批判を受けているようで気持ちが萎える一方だ。

【具体的な行動を取り上げた叱り方とは】

上司: この仕事と関係のない資料が散乱しているから、必要な資料を探すのに時間がかかるんだ。

部下: はい。次からは、ひとつの仕事に取り掛かる前に、デスクの上には関係ある資料だけを出すようにします。

上司: 普段から、新しい資料が増えた際は、すぐに分類するか捨てるんだぞ。

叱るのは、してはならない行動を再びさせないため。
だったら当然、どの行動がいけなかったのか、ハッキリと部下に伝えよう。
本来とるべきであった正しい行動の提示も、お忘れなく。