「知らないのか、できないのか、やらないのか、三つの原因を潰す」

指示しただけで、全ての部下が完璧に動けるはずはない。
動けない原因によって、適切な対応は異なる。

  1. やり方を知らない場合、
    → 作業手順とその意味を事細かに教え、完全に理解できたか復唱させる。
  2. 頭では理解しているが、技術が伴わない場合、
    → 反復練習させ、挫けないよう身につくまでの間は励ます。
  3. できるがやらない場合、
    → その仕事の意味を説き、正しい行動をとったらすかさず褒める。