「話を聴く場所を選ぶ」

【たとえば、部下がミスをした時に、こんな事ありせんか?】

(上司)小室くん、ちょっとこっちに来なさい!

(部下)はい。(何だろう・・・。またミスしちゃったかな?)

(部下を自分のデスクの正面に立たせたまま、)

(上司)また同じミスをしてるぞ。何度言ったらわかるんだ!

 

【相手に気づきを与えたいのなら、リラックスして話しやすい場をつくる】

(上司から部下の席まで行って、隣に腰かけて)

(上司)小室くん、ちょっといいかな。

(部下)はい。

(上司)ここミスしてるよ。次はどうしたら同じミスを繰り返さないと思う?

(以上)

 

はじめの例では、部下は話し出す前から既に緊張している。
あとの例では、部下にとってのホームグラウンドなので、リラックスしやすい。

位置関係も、このような場面では目線が真正面からぶつかると緊張しやすい。
横や斜めから、同じ目線の高さで会話することで、少しでも居心地の良い環境をつくろう。