「計測して、見える化する」

部下の望ましい行動を、言葉や表情・ジェスチャーなどで
すぐに認めることで、その行動の継続がサポートされる。

あなたがさらに、その行動の回数を数えて表やグラフにすれば、
本人が行動の蓄積を実感しやすい。

「営業マンの訪問件数を表にする」

「お礼状の送付枚数をグラフ化する」

この目的は、他人との比較ではありませんよ。

▼行動強化の原理
http://tsunagu-concierge.jp/2014/12/19/mailmagazine-backnumber-8/