「学習の成果を披露する場をつくる」

おはようございます!
つなぐ経営コンシェルジュの小室です。

昨日は、某大学の就活学生たち100名超に対して「採用面接の臨み方」をお話してきました。
2名の学生さんに協力してもらい、デモンストレーションを通じて採用面接の様子を知ってもらいましたが、
まだ面接未経験の皆さんは、「そんなに具体的に質問されるのか」と驚かれてました。

採用面接官の視点や、印象に残っている内定者が実践していた事例などもお伝えしましたので、
ぜひこれからの準備に活かしていただきたいものです!(^_^)

さて、それでは本日のテーマ「学習を習慣づける」についてお伝えします。

「あいつは全然勉強しない」
「だからいつまで経ってもダメなんだ」

このような発言をしがちな上司に限って、学習に取り組んでいる部下を認めることが少ないと感じたことはありませんか?

日々の業務の中でも、研修の場でも、自主的な勉強でも、
その学習の場を楽しいものにしたり、成果を見える化したり、お披露目の場を用意してあげると、
「学習する」という行動が強化され、習慣化に役立ちます。

認める/ほめる、グラフ化して掲示する、新しい業務に触れさせる、学んだ事をさらに職場内でレクチャーさせる、など
色々なやり方を試してみて、それぞれの学習者に合った方法を探し当ててください。

▼「行動強化」とは。
http://tsunagu-concierge.jp/2014/12/19/mailmagazine-backnumber-8/