「部下のできないワケを知ろう」

部下や後輩がある仕事をうまくできない理由は一つありません。

それは、その仕事の手順が正しく身についていないということ。
仕事が全然できないと言われる人は、多くの仕事の手順が正しく身についていないのです。

「行動」つまり、目に見えること、耳で聞こえること、そうした客観的・具体的な事実に注目し、
「分析」それらの行動を細かい単位に分けて、回数を数えることで、できる人との違いが見えてきます。

まず、「アイツにはやる気がない」などと根拠のない思い込みは捨てて、
部下や後輩が何と言ったか、何をしたか、つまり事実だけを見つめてみましょう。

そうすることで、「腐った性根を叩き直す!」などと出来もしないことに力を入れるのではなく、
単純に、部下の誤った仕事の手順を、事細かに一つづつ修正すればいいのだと気づけます。

なかなか仕事を覚えられない部下を、あなた自身や他のスタッフと比べたりしてしまうと、
本当は「ただ知らない/身についていないだけ」の部下が、
「できない/ダメな」部下に見えてしまいます。

「何度教えてもできない」などと、グチをこぼす暇があったら、
「今度はこうやってごらん」と、より具体的なお手本を示す方が、
未来に向かう、生産的な言葉だと、あなたも思われませんか。(^_^)