「意志力よりも行動力」

「よし、明日から心を入れ替えてがんばろう!」

このように思ってはいても、いざ始めると三日しか続かない・・・
こんな経験、誰でも一度くらいはありませんか?

最近よく聞く話としては、タバコがやめられない、勉強が続かない、といったものもあります。
この時、多くの人が「意志力が弱くて・・・」とおっしゃいます。
でも行動分析学では、目に見えない「意志力」に行動の原因を求めません。

タバコがやめられない人は、(本当にやめたいとは思っているのに)吸うと気持ちが落ち着いたり、
勉強が続かない人は、勉強しないでのんびりすることでリラックスしたり、などの良い結果があることを経験により知っています。

それらの「良い結果」が待ち受けている事を知っているから、(心の中でやめたいという気持ちはあるものの)再び同じ行動を繰り返してしまうのです。
つまり、タバコをやめた場合の効用を知ったり、勉強を続けることで得られる期待を膨らまるといった「先行条件」を明確化しても、既に経験している「良い結果」には勝てないという事が頻繁に起きているわけです。
(詳しくお知りになりたい方は、末尾に示してあるURL先から「ABC分析」の解説をご覧頂けます)

それでは一体どのようにして、「やるぞ!」と決心した行動を継続させられるのでしょうか?

私からのひとつの提案ですが、タバコの与える害や吸わなくなった時に得られるメリットなどの、先行条件だけで自身の行動をコントロールしようと思わない事が大切です。

でも何も先行条件が必要ないと言っているわけではありません。
先行条件に加えて、行動の結果のコントロールを重視しましょうということです。

たとえば食後にタバコを我慢したら貯金箱に100円入れるとか、
禁煙パイポを吸うなどの代替行動でタバコを吸った後と似たような爽快感を得るとか、
あるいはタバコを吸うと、とってもマズく感じる仕掛けをするとか!?

どのような結果を用意すれば効果があがるかは人(の嗜好)によりますが、
「行動を継続させるために、どのような(行動の)結果を用意するか」という発想をもつことが、あなたの継続力を高める一助になる場合があります。

そしてこの方法でたくさんの成功事例があることは、まぎれもない事実です。
あなたもぜひ一度お試しになってみてはいかがでしょうか?

▼ABC分析に関する解説はこちらからご覧いただけます。
http://tsunagu-concierge.jp/2015/02/22/mailmagazine-backnumber-59/