おはようございます!
つなぐ経営コンシェルジュの小室です。

一昨日は、母校の小樽商科大学の同窓会札幌支部主催の新年交礼会に参加しました。
約350名の卒業生と現役学生が集まり、多くの方々とお話をする機会に恵まれました。

懐かしの面々との昔話や「若人逍遥の歌」の斉唱など、学生時代を思い起こして、
やっぱり同窓生って特別だな~と感じた一日だったのです。(^_^)

今週ご購読者様から寄せていただいた嬉しい声をご紹介させていただきます。

  • 「素晴らしいアドバイスですね!早速、今朝から、今から実践します。」
  • 「おはようございます(^。^)
    毎朝の通勤の友と化しています、
    昨日は大変参考になりました。
    具体的な動機付けの指示の仕方がわかりました。ありがとうございます(^。^)」

いただいたお声の一部をご紹介いたしましたが、毎週、本当にたくさんの方々からフィードバックをいただけて嬉しいです。
励みになりますし、どういったテーマに皆さまが一番ご関心を寄せられているかもわかり、とても参考になります。

さて、今日のテーマは「ABCモデル」です。
この概念は、人が行動を続ける(あるいはやめる)理由をわかりやすく説明してくれます。

  • A:先行条件(Antecedent)
    行動の直前の環境
  • B:行動(Behavior)
    行動・発言・ふるまい
  • C:結果(Consequence)
    行動した直後に起きた環境の変化

ある状況においてとられた行動が、どのような結果につながったのかに注目しましょう、ということです。
そして、Aの条件において、Bの行動をとった際に得られたCの結果が、

  • 望ましいものであれば、その行動は続けられ、
  • 反対に望ましくなければ、同じ行動はとられないようになる。

というのが、人が行動を続けられるか、続けられないかの理由なのです。

たとえば、次のようなケースを考えてみましょう。

  • A:阿部さんは、ものすごく忙しい時だったが、
  • B:どうにも困っていた小室くんを助けたら、
  • C:この上なく感謝された。

この場合、(阿部さんが小室君から感謝される事に喜びを感じるのであれば)
もし阿部さんが、小室君が再び困っている場面に遭遇したら、また助けてあげる可能性が高まります。

A(先行条件)→B(行動)→C(結果)のCが、次のBに影響を与えるわけです。
(A1→B1→C1)→(A2→B2→C2)→(A3→ ・・・ という感じです。

ちょっと思い浮かべてほしいのですが、この阿部さんの行動についての日常的な見方は、こうじゃありませんか?

「阿部さんは、忙しい時であっても、困っている小室君を助けると喜んでもらえると思うから、そうしているんだ」

でも実は、これは行動分析学的な見方ではないのです。
なぜなら、阿部さんがどう考えているのか、その頭の中を他人がのぞくのは非常に難しいからです。

それではどのように捉えるべきかというと、

「阿部さんは、過去、忙しい時に、困っている小室君を助けたらとても喜ばれたから、また小室君を助けるのだ」

行動を続ける(あるいは続けられない)理由を、やる気やモチベーションといった頭の中に求めるのではなく、
過去の経験や事実に見出すのが、行動分析学の特徴。

「ほしいから行動するのではなく、過去にもらえたから行動する」

「やればいい事がありそうだから行動するのではなく、以前にやったらいい事があったから行動する」

だから、部下や後輩の明日の行動を変えるには、
今日の部下の行動に対する結果(=つまり、あなたの反応)を変えればいいのです。

B(=行動)を変えたければ、C(=結果)を変えるということです。
多くの現場では、Bを変えるためにA(=先行条件)だけを変えようとするからうまく機能しないのです。
たとえば、目標設定するだけで部下の行動を変えようとしてみたり。

部下の行動を変えたければ、まずあなたが部下に結果を与えましょう。

「今日も丁寧にやってるな」「ありがとう」「皆が助かってるよ」
たったのひと言だっていいのです。60秒ルールも、お忘れなく。

▼60秒ルールの解説はこちら。
http://tsunagu-concierge.jp/2014/12/19/mailmagazine-backnumber-8/

*。:*☆.。:*。:*☆.。:*。:*☆..。:*。:*☆..。:*。:*☆..。:*

【今週末の気になる小樽スポット】

今週末まで、小樽市では雪あかりの路に関連した色々なイベントが開催されています。
そこで今日は(今日も?)私の大好きな子連れスポット、小樽市総合博物館のイベントをご紹介します♪

「雪あかり星空観望会」
http://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/museum/event/temiya_2014_0207.html 

プレアデス星団などを天体望遠鏡で観察できるイベントで、14日(土曜)午後6時から8時まで。
お申込み不要で、料金は無料です。
会場は本館ではなく運河館ですので、お間違えのないように。
雪あかりの路の会場へも、すぐの場所ですよ!