「肯定表現が大切な理由」

おはようございます!
本日は変なタイトルのブログを書いてみました。

私たちの脳は、とても素直にできているようです。
というのも、言われた事をそのままイメージするからです。

あなたが「このブログを読んではいけません!」というタイトルを見たら、
「いったい何が書いてあるんだろう?」という具合に、ブログの内容を想像しませんでしたか?

試しに、もう少しやってみましょう。

「ピンクのクジラを、想像しないでください。」

今、あなたの頭の中には何が思い浮かんでいますか?

「首の短いキリンを、想像しないように。」

今度はどうですか?

『私たちの脳は、言われたことを自然にそのままイメージする』ようにできています。

ですから、次のような言葉を浴びせられた際には、大概そのままの自分の姿を想像します。

「何やってんだ。いつまで経ってもできるようにならないな。」

「素人じゃないんだから、いいかげんな仕事をしないように!」

ある行動を禁止するために「~しない」とう否定表現を用いていますが、
聞かされた人の頭に残るのは、やってしまった、してはいけない行為ばかり。

望ましい姿をイメージして、肝心の正しい行動を身に付けてもらうためには、
表現を肯定的なものに改めなくてはなりません。
たとえば、こんな風にして。

「お客様が近づいてきたら、立ち止まって先にお通しするように」

「資料を作り終えたら、最低1回は見返してから印刷してね」

具体的な行動を、肯定的に表現すれば、良いイメージがすぐに浮かびます。

人格否定の余地もないので、人間関係の改善にも役立ちます。
実際に、こうした表現を練習することで、パワハラ予防や定着率向上につながった事も多いです。

人間は本能的に否定表現を使いがちです。
(ストレスという不快なものを取り除くために)

否定表現をやめて、肯定表現に置き換えていくために、
組織的なルール作りと励まし合いによる支援の仕組みづくりをお勧めします。