「緊張で硬くなった体をほぐす」

おはようございます!
つなぐ経営コンシェルジュの小室です。

本日はいよいよ、いらだちを抑え、落ち着きを取り戻すプランを作成する最終ステップです。

第三のステップ:落ち着くための方法
(イライラ感の高まりを察知したら)
「私は×××をして、落ち着きを取り戻します。」

×××の中に入る身体のほぐし方を決めて、ノートに書き出してみましょう。

第一のステップ:嵐の前の静けさ「次に○○○が起こった時に」で、
あなたがイライラ感を募らせる場面を想定し、

第二のステップ:危険なサイン「私が△△△を感じたら」では、
その際、自身の身体や行動に現れる変化を捉えました。

この第三ステップ:落ち着くための方法では、
自分の中にたまったガス抜きの方法を考えてみましょう。

人は、危険なサインを感じる時は、多くの場合、身体が緊張で硬くなるそうです。

ですので、その緊張を解くために体ほぐしをすることが、
心を落ち着かせるために有効な方法の一つとなります。

たとえば、このような体のほぐし方があります。

  • 深呼吸を三回する。
  • 背伸びする。
  • ストレッチをする。

 

今日もぜひ、あなたに合ったやり方を私に教えてくださいね。
状況に応じて、実践にあたっての細かな留意点を補足しますので。

▼落ち着きを取り戻すプランの全体像はこちら。
http://tsunagu-concierge.jp/2015/03/29/mailmagazine-backnumber-84/

▼第一のステップ「嵐の前の静けさ」についてはこちら。
http://tsunagu-concierge.jp/2015/03/30/mailmagazine-backnumber-85/

▼第二のステップ「危険なサイン」についてはこちら。
http://tsunagu-concierge.jp/2015/03/31/mailmagazine-backnumber-86/